この絵本が面白い ‐おすすめ絵本ブログ

子どもに読み聞かせしてますか?子どもにウケそうな面白い絵本を紹介するブログ
この絵本が面白い ‐おすすめ絵本ブログ TOP  >  大人の絵本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

112 怪談絵本シリーズ 京極夏彦「いるのいないの」

怪談絵本シリーズの一つ京極夏彦の「いるのいないの」

いるの いないの (怪談えほん3)

夫と私は、京極夏彦の大ファンなので、絵本が出てると聞くと急いで夫と二人で買いに行きました。
怪談えほん、本当にこわがらせる絵本なので、子どもさんには注意が必要です。
夜、お便所にいけなくなるかもしれません。

不気味で怖いですが、京極夏彦好きなら是非お手元においておかなければいけません。

ちなみに、京極夏彦は、推理小説やホラー、時代小説、妖怪が出てくる小説を書かれている直木賞も受賞された作家です。おすすすめは、

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

です。
ほんとうに気持ち悪くて、怖いのですが、面白いです。
読んだ当時は10年以上前なので、ものすごく新鮮でした。読んでない方は、損してます。

しかしこれを読むためには、シリーズ一巻目の
文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)
も読まなければならず、どれも分厚いので忙しい。

話はそれましたが、これ以外の怪談絵本シリーズも次々読んでいきたいと思っています。
スポンサーサイト
[ 2012/10/25 22:00 ] 大人の絵本 | TB(0) | CM(0)

Kindleストアオープン 電子ブックの絵本は?

朝のニュースでやっていましたが、本日からアマゾンストアでKindle予約受付だそうです。

電子ブックが、いよいよ一般的になってきて紙の本なんて読んでられないよーということになるのかもしれません。

私も絵本も読み聞かせ機能つきで、どんどん電子ブックになっていったらなと思います。
読み聞かせの姿も変わっていくなあと思います。
母が読み聞かせるに、こしたことはないでしょうが、何百回も同じのを繰り返すには、電子ブック様かも。

絵本の電子ブックものも紹介していきたいと思います。



発売中の楽天kobo Touch。

残念ながら日本語の絵本の品揃えは、まだこれからのようです。

[ 2012/10/25 11:35 ] 大人の絵本 | TB(0) | CM(0)

110 酒井駒子「よるくま」 仕事に育児にと大変なお母さんの癒しの絵本 

よるくま
よるくま

私の大好きな絵本です。酒井駒子さんのイラストと絵本はどちらも大好きです。
子どもたちが、幸せに満ち溢れているだけではなくて、ちょっと寂しげで切ない感じがします。

物語は、
男の子がよるになってやってきたくまの子とくまの子のお母さんをさがします。
お母さんがいない不安。
そしてお母さんは、くまの子のためにおさかなをつってお仕事していて・・・。

男の子の不安とお母さんへの甘えが、ほんの短いものがたりの中にあらわれています。

自分のムスメを含めて子ども達によんでも、ただの可愛い物語の一つとうけとめられるんだけど、
お母さんにとっては、かけがえのない自分との子どもの関係を再確認する絵本かなと思って手元においています。

育児ってめんどうくさいけど、どこかで子どもは絶対自分を必要としているからというようなことでしょうか。

お母さんくまがくまの子をだっこして
「ああ、あったかい。おまえは あったかいねえ」

というセリフは、しみじみお母さんでよかったなって思うところでしょうか。

それから、子どもに寂しい思いをさせても「じてんしゃをかってあげよう」といいたいお母さんの気持ちもよくわかります。

ということでお母さんの気持ちがよくわかる、育児で大変なお母さんのための癒し本としておすすめします。

↓酒井駒子特集です

Pooka+―酒井駒子 小さな世界
Pooka+―酒井駒子 小さな世界

↓ブログランキングに参加しています。よかったらよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ



[ 2012/10/24 12:09 ] 大人の絵本 | TB(0) | CM(0)

0079 「ビロードのうさぎ」

ビロードのうさぎ ビロードのうさぎ
マージェリィ W.ビアンコ (2007/04)
ブロンズ新社

この商品の詳細を見る


泣かせる本です。
泣かせポイントが、何回か出てきます。
ムスメは、しらっとしてましたが。

お話はトイ・ストーリーとピノキオがいっしょになったようなお話。
絵もさすがいいですね。
ちょっと昔のアメリカあたりのいいとこの家の雰囲気がでています。

読み聞かせするにはすこし大きくなった子どもの方がいいかもしれません。
[ 2007/06/30 11:27 ] 大人の絵本 | TB(0) | CM(0)

0033 「金曜日の砂糖ちゃん」

金曜日の砂糖ちゃん 金曜日の砂糖ちゃん
酒井 駒子 (2003/10)
偕成社

この商品の詳細を見る


大人向きの絵本です。
キレイな絵です。
私はちょっと怖い感じ。最後の話とかちょっと怖い。
[ 2007/01/21 05:54 ] 大人の絵本 | TB(0) | CM(0)

0010 「はべるちゃんのはね」

はべるちゃんのはね はべるちゃんのはね
かない けいしゅ (2006/11)
新風舎

この商品の詳細を見る


文中の漢字に振り仮名がなく完全に大人向きの絵本です。
少女まんが風な酒井駒子風の絵です。
お話は、透明の羽の蝶々らしいはべるちゃんが色つきの羽がいいとなげいて、羽にお化粧しますが雨でながれて絶望します。
でも、まあそのままのあなたが一番だよという結論になるのですが。

羽にお化粧するところで、なんか取り返しのつかない大事件になるのではと期待させたのですが、意外とあっさり終わってしまいました。
もう一捻りなんかあればいいのになと残念に思いました。
表紙が黒地なのですごく禍々しい感じがしていましたが、意外とさわやかでした。ちょっと表装を変えたらいいのかも。
[ 2007/01/13 05:40 ] 大人の絵本 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ユリ アカツキ

Author:ユリ アカツキ
主婦。ムスメ1人。
本が好き。絵本も好き。

Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。