この絵本が面白い ‐おすすめ絵本ブログ

子どもに読み聞かせしてますか?子どもにウケそうな面白い絵本を紹介するブログ
この絵本が面白い ‐おすすめ絵本ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  大人の絵本 >  110 酒井駒子「よるくま」 仕事に育児にと大変なお母さんの癒しの絵本 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

110 酒井駒子「よるくま」 仕事に育児にと大変なお母さんの癒しの絵本 

よるくま
よるくま

私の大好きな絵本です。酒井駒子さんのイラストと絵本はどちらも大好きです。
子どもたちが、幸せに満ち溢れているだけではなくて、ちょっと寂しげで切ない感じがします。

物語は、
男の子がよるになってやってきたくまの子とくまの子のお母さんをさがします。
お母さんがいない不安。
そしてお母さんは、くまの子のためにおさかなをつってお仕事していて・・・。

男の子の不安とお母さんへの甘えが、ほんの短いものがたりの中にあらわれています。

自分のムスメを含めて子ども達によんでも、ただの可愛い物語の一つとうけとめられるんだけど、
お母さんにとっては、かけがえのない自分との子どもの関係を再確認する絵本かなと思って手元においています。

育児ってめんどうくさいけど、どこかで子どもは絶対自分を必要としているからというようなことでしょうか。

お母さんくまがくまの子をだっこして
「ああ、あったかい。おまえは あったかいねえ」

というセリフは、しみじみお母さんでよかったなって思うところでしょうか。

それから、子どもに寂しい思いをさせても「じてんしゃをかってあげよう」といいたいお母さんの気持ちもよくわかります。

ということでお母さんの気持ちがよくわかる、育児で大変なお母さんのための癒し本としておすすめします。

↓酒井駒子特集です

Pooka+―酒井駒子 小さな世界
Pooka+―酒井駒子 小さな世界

↓ブログランキングに参加しています。よかったらよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
[ 2012/10/24 12:09 ] 大人の絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ユリ アカツキ

Author:ユリ アカツキ
主婦。ムスメ1人。
本が好き。絵本も好き。

Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。